片平里菜 2ndアルバム「最高の仕打ち」オフィシャルインタビュー

(取材・文 / 西廣智一)

■「最高の仕打ち」という曲を主軸にしたアルバム

──2ndアルバム「最高の仕打ち」、聴かせてもらいました。まさかこういう仕上がりになるとは……正直ビックリしました。

本当ですか? そういう反応は一番嬉しいですね。

──1曲1曲に今までとは違う色合いが感じられて、それらの曲がアルバムという形でまとまるとまた別の新鮮さもある。前作「amazing sky」とは完全に違った作品に仕上がったという印象があります。これは変化というよりは、よりディープに“深化”したのかなと。

ああ、なるほど。そうかもしれない。

──シングル「この涙を知らない」のインタビューと重複する部分もあるかもしれませんが、ちょっと過去を振り返りながらお話を聞きたいと思います。まず最初に、1stアルバム「amazing sky」は音楽活動を始めた十代の頃、いわゆる活動初期の集大成的な作品だったと思います。そこからこの2ndアルバムに向かうにあたって、最初にどういうイメージを思い描いていましたか?

十代の頃に書いた曲や活動初期の曲をまずは早く世に出して、新しい自分をどんどん世に出していきたいと思っていたので、次の作品ではもっと自分の今のモードに近い音楽や自分にとって新鮮な音楽をやりたいと思っていました。「amazing sky」では結構古い曲も歌っていたから、相当フラストレーションもたまっていたし(笑)、今回のアルバムでようやく自分の今のモードで曲を書いて出せた気がします。あと、「amazing sky」をリリースした頃にはすでに「最高の仕打ち」という曲も完成していて、できたと同時にすごい手応えも感じていたから、この曲を主軸としたアルバムを作りたいなと何となく思い描くようになって。そこからいろんなタイプの曲でバランスを取ることを考えたんです。

──確かに、アルバム「amazing sky」を発売する時期にはすでに「最高の仕打ち」はライブで披露していましたもんね。

やってましたね。きっと私のライブに来てくださるお客さんは「最高の仕打ち」をはじめ、今回のアルバムの半分くらいの曲は知ってると思うんです。しかも2015年の弾き語りツアーも「最高の仕打ち」というタイトルで回ってきから、私にとってもライブに来てくれてた人たちにとっても、すごく心に残っている曲として、ちゃんと根付いている気がしてました。

──ファンからしたらようやく音源になって聴けるというのもあるし。

そうですよね。ラジオ番組で弾き語りをするときは「最高の仕打ち」へのリクエストが多かったし、「音源化の予定はないんですか?」って問い合わせもたくさんあったから、ずっと待っていてくれた人にようやくお届けできたなと。

──曲ができてすぐ音源にするのではなくて、次のアルバムの軸にするためにちょっと温めておきたいという思いがあった?

はい。「最高の仕打ち」はとても強い曲だし、私にとっても大事な曲なので、なるべくいいタイミングで、いい形になったときに出したいなと思ってたんです。「いつ出そうか?」という話は常にあったし、シングルにしたいという気持ちもあったけど、アルバムの中で輝く、すべてを凌駕するような曲だと思っていたので、このタイミングがベストだったんです。

──前回のインタビューで、2015年は「単に曲ができたからシングルを出しますではなく、毎回テーマを絞って届けようとした」という、心境の変化があった1年だったと話してましたよね。

2015年は求められたテーマに対して曲を作ることがどんどん増えてきて、それもしっかりクリアできていたし、以前よりも一段階上に行けた気がします。それは自分が伝えたいことが「最高の仕打ち」という曲に集約されていたからこそ、シングルで自由に遊べたんだと思うんです。

──また前回のインタビューでは「よりJ-POPのフィールドの人たちにも届くような曲を意識した」とも話してましたが、1月に発売される「この涙を知らない」を含め、今回のアルバムにはそういう楽曲が増えているように思います。

以前よりもJ-POP、ポップスというものに対して前向きに捉えられるようになったからかな? 以前は自分がやりたいこととリスナーから求められることの間に葛藤もあったけど、でも今はそこで悩めること自体もすごく楽しめるようになってきた気がしますね。自分がやりたい音楽だけをやってわかる人にだけわかってもらうよりも、たくさんの人に聴いてもらえることのほうがより幸せだと思うし、だったら自分が許せる限りで自分なりのポップスを作っていけたらなと思ってます。

■自然な流れでたどり着いたアレンジャーの人選

──アルバム「最高の仕打ち」について話を戻しましょう。このアルバムを聴いて思ったのは、いい意味で振り切れた作品だなということ。1stアルバム「amazing sky」は全体を通して色合いが統一されている印象があったんです。新人アーティストが打ち出すアルバム一作目として、カラーを統一させたのかなと。

ああ、そうかもしれない。ギターを持ち始めた新人女性シンガーとしてみんな見てくれてたから、アコギがメインに聞こえるように作ってもらったり、そういった点で一本筋が通ったアルバムだとは思っています。でも、あえて今回はそこにあんまりこだわりたくなかったというか。ギターが入ってない曲もあるし、全然フォークじゃなくていろんなジャンルに挑戦しているし。

──しっかりした軸はあるけど、その軸からいろんな方向に向けて矢を放っているような。だから角度によって見え方の変わるアルバムだなと思うんです。

そうですね。いろんなタイプの曲があって、ピカピカ乱反射するような感じはあるかも。

──ではアルバムの曲作りは、「最高の仕打ち」やシングル曲がまずあって、そこからバランスを考えて「こういう曲があったらいいな」「こういう曲をやりたいな」と肉付けしていった?

はい。このアルバムのリリース直後にはツアーがすぐに始まることも決定していたので、ライブを念頭に置いて「もうちょっとアッパーな曲があった方がいいな」と思えばそういう曲を作ってました。

──そう、確かにこのアルバムからはライブが見えてくるんですよね。そこは強く感じました。今までの片平里菜のライブスタイルを知ってる人が聴いたら、その光景をより思い浮かべやすいと思いますよ。

嬉しいですね、そう感じてもらえたなら。

──その多彩な楽曲を手がけるアレンジャー陣も、かなりバラエティに富んだ面々ですよね。「amazing sky」でもその布陣に驚かされましたが、今回はそれを上回るアレンジャーが揃ってると思います。この人選はどうやって決めたんですか?

スタッフと「この人がいいんじゃないかな?」と話したり、自分の中にイメージがあるときは「この人にお願いしたい」と指名したりしました。でも私にとってはすごく自然な流れでたどり着いた人選であって。今回は曲の求める音が1曲1曲本当に違ったから、結果としていろんなジャンルをまたぐことになりました。

──曲によって求める音が変わってくるから複数のアレンジャーを導入する、そこが片平里菜というアーティストの強みだと思うんです。

だといいですよね。憧れますけどね、同じ方と1つのアルバムを作り上げるというのも。でも今は自分の興味がいろんなところに散っていて、それができないというか。どの音楽も好きだし、ずっと落ち着きがない感じですよね。

──でも1曲1曲は的確に形にできていて、アルバムとして通して聴いたときもしっかりした軸があるぶん、ブレているようには感じられないんですよね。

リスナーとして聴いたときにそう感じてもらえるのなら、それは嬉しいですね。
でも私は結構不自然だなと感じることもあるんですよ(笑)。

──え、そうですか? リスナー視点でいうと、やっぱり片平さんの声の強さが大きな軸になってると思いますよ。

私の歌を聴きたいと思ってくれる人は、みんな声を好きでいてくれてるのかな。そこがあるから、どんな音楽をやってもあまり違和感がないのかもしれないですね。

■cinema staffとSCANDAL、同世代だからこその共演

──ではここからは曲ごとにいろいろ聞いていきたいと思います。「Party」や「大人になれなくて」といったライブで盛り上がりそうなアップチューンには、SCANDALやcinema staffがアレンジャーとして参加しています。各曲ともそれぞれのバンドのカラーが強く反映されたアレンジですね。

今までOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDさんと一緒にやったこともあったけど、今回は私よりちょっと上だけどほぼ同年代のバンドさんとやらせていただきました。cinema staffさんは私が福島出身と掲げて活動してるように、岐阜出身で故郷を大事にされてることが楽曲からすごく伝わってくるんです。だから「大人になれなくて」という上京したての頃の気持ちをつづった曲にちゃんと寄り添ってエモーショナルに表現してくれる、曲の中にあるもどかしさや不器用さを大人の人と作るよりも絶対に味が出せると確信してました。

──なるほど。曲のタイプというのもあるでしょうけど、歌詞の世界とリンクすると思ってオファーしたんですね。

そういうのが大きくて。特にcinema staffさんはポニーキャニオンのチームが一緒なので、お互い「いつか一緒にやりたいね」という話はしてたんですけど、このアルバムの制作が決まったタイミングでできたこの曲がすごくcinema staffさんにピッタリだなと思って、お願いしたんです。実際にやってみたらポップとロックの融合というか、とても程よい仕上がりになりました。

──前作にもロックアレンジの楽曲はありましたけど、どこか違うんですよね。音と言葉が一体になって訴えかけてくるエモさが、より強まっているというか。

外に向けて矢を放つというよりは、自分の中でグワーッと渦巻くようなエネルギーを感じるサウンドだと思うんです。聴いた人の気持ちをかき立てるというか。

──逆に「Party」は外に向けてエネルギーを放出する、陽のテイストが強いサウンドです。

確かにそういう感じはしますね。

──同じロックテイストでも対極の2曲ですね。それは歌詞のテーマだけではなく男性、女性という違いもあるのかもしれないし、演奏するバンドによってこうも変わってくるんだなと。

そうですね。「Party」を作ったときは、ちょうどブルーハーツとかをよく聴いてたんです。で、凝ったアレンジはいいから、荒削りだけどとにかくメロディアスなパンクロックを作りたいなと思い描いていて、いろんなバンドさんの中から「今回は女の子と一緒にやったら面白いんじゃ?」と思ってSCANDALさんにお願いしようと。しかもその頃、何度かイベントでご一緒する機会があって、そういう巡り合わせもあってお願いしたら、SCANDALさんも自分たち以外の曲をアレンジするのが初めてで。お互い新鮮な気持ちで臨めました。

──そういう経緯があったと。

曲を送ったらすぐにデモを作ってくださって、とっても嬉しくて。いつもアレンジャーさんとやり取りするときはディレクターを挟むんですけど、今回は女の子5人で直接LINEでやり取りして、本当のバンドみたいに作れて楽しかったです。

──ロックテイストの楽曲でいうともう1曲、亀田誠治さんと久しぶりの共演となった「BAD GIRL」もあります。この曲もパンキッシュでロカビリー色の強い、今までにないタイプですよね。

そうですね。この曲はライブでも何度も披露していて、間奏ではお客さんに歌わせたりと遊べる曲だったので、セッションではないけどみんなで一発録りできたら楽しいなと思って亀田さんにお願いしました。面白いのは、この曲はベースが亀田さん、ドラムが伊藤大地さん、ギターが西川進さんという、「Oh JANE」と同じメンツで演奏していて。しかも「Oh JANE」は2013年のクリスマスに録ったんですけど、「BAD GIRL」は2015年のクリスマスイブにまったく同じメンバーで録ったんです。

──すごい偶然ですよね、それ。

ミラクルが起こりました(笑)。本当に楽しく録らせてもらいました。ガレージロックバンドじゃないけど、そういう生々しさがあるというか。コード進行やベースになっているものはとても普遍的なものだとは思うんですけど、そこで西川さんのギターが暴れてたりするからすごくスタイリッシュというか、エッジの効いた曲に仕上がりました。

──今作には「スターター」という疾走感のあるロックチューンもありますけど、「Party」しかり「大人になれなくて」しかり「BAD GIRL」しかり、ロックをベースにしながらもどれ1つとして同じタイプがないのが面白いですよね。でもアルバムに入ったときに、その違いがいいアクセントになっているし。

そう感じてもらえたなら、大成功でしたね(笑)。

■東京に出てきた自分が反映された2ndアルバム

──ミディアムテンポの楽曲にも興味深いものが多くて。「Love Takes Time」では今までありそうでなかった、クラムボンのミトさんとの共演が実現しています。

そうですね。ミトさんとは過去に2、3回お会いしたことがあったんですけど、ようやく今回ご一緒できました。「Love Takes Time」はこのアルバム用に最近作った曲で、メロディや歌詞はそのまま使ったんですけど、コード進行は今までにないアプローチで、そこはミトさんならではかなと。それもあって、ちょっと新しいことに挑戦してみたくなって歌い方をブラックミュージック的なノリにしてみたんです。実は最初、もっとモータウン調になるのかなと予想してたんですけど、上がってきたのはアコースティックテイストのキラキラしたアレンジで。でもこれがすごく気に入ってしまったんです。

──今までにない大人っぽさがある曲ですね。

ですね。歌い方もそうだけど、それもミトさんの力があってこそかなと思います。意外とサビにしつこさがなくて、私の中では「煙たい」に通ずる中毒性がある曲だなと。

──確かにこの曲、不思議とリピートしたくなるんですよ。今名前の挙がった「煙たい」も大人っぽさのある楽曲でしたが、そことも異なりますし。

「Love Takes Time」のほうが艶っぽいですよね。

──この曲に限らず、「最高の仕打ち」というアルバムは年相応、もしくはちょっと上の雰囲気が出せた作品集という気もします。

そうですね。前作は十代の頃に書いた曲だったので、今回はナウな感じでお届けできてるのかなと。実は今回のアルバムの中で、福島で書いたのは「この空を上手に飛ぶには」と「舟漕ぐ人」だけなんですよ。だからなのか、この2曲は空とか海を彷彿とさせる感じがあって。それ以外の曲には東京に出てきた自分が反映されてるのかな。

──なるほど。故郷で育った女の子がそこを離れるまでを歌ったのが「amazing sky」だったとしたら、故郷から上京して日々戦ってる姿が描かれているのが「最高の仕打ち」なのかもしれないですね。

それはあると思います。

──その「舟漕ぐ人」には、aikoさんのバンドにも参加している須長和広さんがアレンジャーとして参加しています。

ちょうどこのアルバムの制作をしている時期に、須長さん初のソロアルバム(2015年発売の「MIRROR」)がリリースされて。たまたまiTunesで見つけて「えっ、なんで?」と思って即ダウンロードしたら、とても素晴らしい作品だったんです。大橋トリオさんや神谷洵平さんが参加していて、本当にグッドミュージシャンと一緒に作り上げたアルバムだなって。この世界観が「舟漕ぐ人に」合うんじゃないかなと思って、自分でお願いしました。

──それでこういう作風になったんですね。それにしても同じアコースティックを軸にした楽曲でも、アコースティックベースが入るとまた印象が変わって新鮮ですね。

そういえば今までそんなになかったですよね。

──すごく耳に残りますね、この音色は。

確かに。味が出てますし。

──かと思えば、伊澤一葉が参加したオープニングナンバー「この空を上手に飛ぶには」もあり。この短いアコースティックナンバーから「誰もが」へと流れるオープニングの構成には、意表を突かれました。

よかった(笑)。

──今回は曲順もかなり苦心したのではないかと思いますが?

悩みました。これだけ曲がバラバラだし、1曲1曲をいい流れで聴いてもらうにはどれがベストかと考えると、なかなか迷うところがあって。最終的には「最高の仕打ち」という曲をベストな状態で聴いてもらえる流れにしたいなと思ったんですけど、この曲を頭のほうに持っていってしまうと早い段階でお腹いっぱいになってしまうかもしれない。だったらと、最後のほうですべてを飲み込むこの形に決めました。

──アルバムの鍵になる曲だし、そのアルバムのクライマックスで聴かせたいという思いもあったでしょうし。実は僕、片平里菜の第2章の幕開けを飾った「誰もが」という曲はオープニングに持ってくると勝手に思い込んでいたんです。だから「この空を上手に飛ぶには」という小楽曲から「誰もが」へと流れる冒頭の構成はすごくキレイで、とても腑に落ちるものがありました。

そう思ってもらえてよかったです。「この空を上手に飛ぶには」にはアルバムを通して伝えたいメッセージのキーワードがちりばめられていて、アルバムのイントロダクションとしてそれを匂わせているにはピッタリだと思ったんです。

■対極の2曲が並ぶエンディング

──「この空を上手に飛ぶには」で始まったアルバムは、ラスト2曲の「最高の仕打ち」「そんなふうに愛することができる?」でクライマックスを迎えると。「最高の仕打ち」は正直どんなアレンジになるのかドキドキしてたんですが、最終的に普段のライブと変わらない弾き語りスタイルでの収録となりましたね。

結局ストレートな形になりました。アルバムに入れるにせよシングルにするにせよ、とにかく「最高の仕打ち」を形にしようと1年以上前から進めていて。それにあたってHAWAIIAN6の安野勇太さんにアレンジしてもらおうと思って何度もやり取りして、スタジオでバンドと合わせたりもしたんですけど、アルバム発売が決まってから私がアレンジについて迷いだしてしまって。スタッフと勇太さんと私の3人で飲みに行って、いろんな話をした結果、「究極はギターと歌だけでもいい曲なんだから、もう弾き語りでいい!」ということになったんです。で、レコーディング当日は同じ空間で、勇太さんのギターと私の歌で一発録りをしました。

──なるほど。さっき片平さんの声があるからアルバムに一本筋が通っているという話をしましたけど、このテイクはその象徴と言えるようなものだと思います。ライブで初めてこの曲を聴いたときの衝撃や感動が、再び体験できる仕上がりになったかなと。

そうかもしれないですね。本当にライブしてるような感覚で歌わせてもらったので、聴いている人も思わず息を飲んでしまうようなテイクになったと思います。

──“片平里菜らしさ”がいろんな形でちりばめられたアルバムの中で、このギター1本で歌われる「最高の仕打ち」にすべてが集約されているように思いました。だからこそ、この曲が終盤に来ることでよりアルバムが説得力を増すというか。

本当ですか? そう言っていただけると嬉しいです。

──そして「最高の仕打ち」の後に「そんなふうに愛することができる?」が並ぶことで、アルバムがよりスマートになった印象もあって。オープニングの流れ同様、このエンディングの流れも圧巻だなと思いました。実際、一番聴いてほしい「最高の仕打ち」でアルバムを締めくくる構成も考えられたと思うんですけど、なぜその後に「そんなふうに愛することができる?」を並べたんですか?

この曲は漠然とアルバムの最後の曲にしたいという思いがあって。最初は「最高の仕打ち」の弾き語りで終わるといいのかなと思ってたんです。いろんな音が出てくるアルバムの中で、最後はシンプルに終わればキレイかなと。その後にまたいろんな音が出てくるのもちょっと違うかなと考えたりもしたんですけど、この2曲は対極の位置にあるというか。「最高の仕打ち」はすごくヒンヤリとしていて、無機質なコンクリートだったりとか、そこを飛んでる自由な鳥をイメージしてるんですけど、「そんなふうに愛することができる?」は「最高の仕打ち」での重圧とはまた違って、アレンジ含めて浮遊してる感じが曲全体に感じられて、そこが気持ちいいなというがあったんです。で、なんとなくそういう音に漂いながら問いかけられる「そんなふうに愛することができる?」という言葉が、すごく心に残るんじゃないかなと思って。自然と受け入れられる感じというか。

──確かにこういう問いかけで締めくくられる構成は、とても面白いと思います。アルバムとしても緩やかに始まって、そして最後もソフトランディングで終わるから聴いていても心地よくて、意外とリピートしやすいんですよね。

でも結構長いですよね、このアルバム。60分以上あるし。

──「amazing sky」(57分)よりも長い64分というトータルランニングですが、実際に聴いてみるとそんなに長いとは感じませんでした。きっと1曲1曲がカラフルだから、飽きが来ないんだと思います。

ああ、そうか。なら良かったです。

──人の集中力で4、50分くらいが限度らしいですけど、工夫次第で60数分持続させることもできるはずですし。この「最高の仕打ち」はそういうアルバムに仕上がっていると思いますよ。

大丈夫かな? 13曲目の「最高の仕打ち」にたどり着くまでに飽きちゃってたらイヤだなぁ……。

──アナログ時代と違って、CDやデジタル音源主流になってからは曲を飛ばせるけど、このアルバムは頭から聴くことで「次のどんな曲がくるんだろう?」というワクワク感を煽る内容なんじゃないでしょうか。

確かに、それはあるかもしれない。

──そのワクワク感は前作「amazing sky」以上ですし、正直予想以上の完成度でしたよ。

嬉しいなぁ(笑)。

──それに既発のシングル曲も新曲に挟まれることで、以前とは違った光を放っているというか。最初にシングルで聴いたときとは違った印象をうけるんですよね。

正直シングル曲がどれかわからないくらい、ポップな曲が並んでますしね。確かにどれも強い光を放ってるし。

──「誰にだってシンデレラストーリー」もアルバムのこの位置(4曲目)で聴くと、本当に違って聞こえるし。

「Party」の後でしたっけ。その前の2曲(「「この空を上手に飛ぶには」「誰もが」」の緊張感を「Party」でぶち破って、そこから「誰にだってシンデレラストーリー」に続くから、より気楽さがあるのかも。

──このアルバムで片平里菜の名前がより世の中に広まることになると確信しています。

そんな年になってほしいですね、2016年は。本当にいいアルバムになったと思うので、今年は飛躍の1年にできたらいいなと思います。